【マスターストレッチ】バレエダンサーに取り入れて欲しい効果と理由!

ダンサーの多くは柔軟な方が多いです。
ダンスにとって関節の柔軟性が高いことは非常に大切なのですが、柔らかすぎて関節を止めておけないという問題が発生することがあります。

そんな方にマスターストレッチのトレーニングが有効です


マスターストレッチと聞いてもいまいちどんなことをやるかイメージできませんよね。

マスターストレッチをやるとどんな効果が得られるのか!
そんなことを説明していきたいと思います。

マスターストレッチレッスン




目次

バレエレッスンでこんな悩みはありませんか?

バレエレッスンを受けていると毎回先生から同じ指摘を受けてしまうことが良くありますよね。

足を上げた時に腰も動いてしまう

「ターンアウトもっとしっかり!」と言われる

膝や足首を痛めてしまう

軸がぶれてしまう

イメージと実際の動きに違いがある

なんでこんな悩みが起きるのか理由を解説していきます

バレエレッスンを受けているとよくある悩みをピックアップしましたが、何でこんな悩みが起きるのか原因を解説していきます。

1)足を上げた時に腰も動いてしまう

足を上げた時に腰も連動して動いてしまうのは、股関節や骨盤周りの筋肉が固く緊張しているため股関節と腰の分離ができていないためです。筋肉が緊張しているので足をあげると連動して腰も動いてしまうのです。

しっかりと筋肉の緊張が取れると股関節だけを動かすことができるので軸がブレなくなります。

2)「ターンアウトもっとしっかり!」と言われる

ターンアウトはバレエの基本ですね。
マスターストレッチをすると股関節の可動域が大きくなります。股関節を外旋する動きがしっかりできるようになるのでターンアウトの動きがスムーズになります。

3)膝や足首を痛めてしまう

5番の動きをする時にターンアウトがしっかりとできていないと、膝や足首を使ってポーズを取ろうと頑張ってしまいます。そのため膝や足首に負担がかかり怪我の原因になってしまいます。

ターンアウトができるようになると膝や足首をひねる必要が無くなるので怪我の予防になります。

4)軸がぶれてしまう

股関節と腰の分離ができるようになると足を上げた時に腰が動かなくなるので軸が安定します。
またマスターストレッチは体幹がしっかり使えていないとバランスを取るのも難しいので、マスターストレッチのトレーニングは体幹トレーニングにもなります。
体幹がしっかりしてくると軸もブレなくなりきれいな姿勢を保つことができます。

5)イメージと実際の動きに違いがある

この位置に手を持っていきたいと思っていても先生から指摘される事ありませんか?
自分がイメージしている位置と実際の手の位置がずれている可能性があります。

例えば目をつぶって両手を平行に上げてみてください。

目を開けて水平にできていますか?

両手を水平にすることができるのは固有受容器というセンサーが正しく働いているおかげです。

マスターストレッチではこの固有受容器(センサー)がしっかり働けるようになります。

悩みを解決するのに「マスターストレッチ」の効果は?

肝心のマスターストレッチの効果について解説していきます。

マスターストレッチを履いてトレーニングすることで、足裏が不安定になり床の力を借りることができなくなります。
そのことにより自分の筋肉で足裏を平行に保ち関節の位置を維持しなければならなくなります。

例えば
つま先側に重心を乗せて膝を伸ばし過伸展していた方は、どこの筋肉を使って膝を伸ばすか体感できるようになります。
今まで膝や足首でターンアウトしていた方は、きちんと股関節からターンアウトする感覚が分かり股関節が柔軟になっていきます。

このようにトレーニングしていくと自分では思ってもみなかった所が硬かったり、筋力のアンバランスなことに驚きます。 筋バランスを整え柔軟性だけに頼らずしなやかで強い身体をつくっていくことができます。

これがマスターストレッチの一番の効果だと考えます。

マスターストレッチとは?

マスターストレッチとは、イタリア人バレエダンサーのピノ・カルボーネ氏がピラティス・ヨガ・バレエ・太極拳などのボディワークを融合させて開発したメソッドです。

ダンサーのためのピラティス

マスターストレッチは舟型のアーチ上の器具を使用します。
靴を履いてから装着!

マスターストレッチ

不安定なので最初は立つのも大変です(笑)
体幹がしっかりしていると安定して立てるようになります!

さいごに

頑張ってバレエレッスンしているのに進歩を感じない…
身体を痛めてしまっている…

そんな方々は一度マスターストレッチのトレーニングを受けてみることをおすすめします。

自分の身体の特徴やクセが分かるとレッスンで気をつける部分が明確になり、確実にダンステクニックの向上につながっていくと考えています。

目次