お身体の変化をリポート5

3人(4.2.1歳)のお子様を育てながら、1歳のお子様を連れて週1回ピラティスにいらしているお客様。4月の会社復帰に向けてまずは体力を戻したい!とのこと。まだ8回目のレッスンですが、立ち姿が変わり全体がスッキリして見えます。

産後ピラティス

長年の妊婦生活で、骨盤をぐっと前に押し出し、頭が少し前に出て、肩をすくめるようにバランスを取っていました。この姿勢はスウェイバックといわれ、大きなお腹と共にすごす妊婦生活も赤ちゃんを抱っこするのもその方が楽ちんです。
 
ただ、骨盤を前に押し出すことで前ももがはり、腰の動きが悪くなります。
頭が前に出ていることで首が疲れやすくなるなど色んな痛みが出てきていました。

人間、疲れたり悲しい時は少しうつむき背中が丸くなり、良いことがあったり元気な時は少し目線が上がり胸をはります。
色んな姿勢をとり身体のバランスを取っています。

それが1つの姿勢に留まり動きがなくなることで痛みや精神的に偏りがあらわれてくると言われます。

川を思い浮かべてください。。。常に水の流れがある川と流れの無い川。
どちらの水がキレイに保たれているか何となく想像できますよね?


3人のお子さんを妊娠、出産して偏った姿勢になっていたお客様。まずは使わなくなってしまった部分を動かし、流れを良くしていきます。背中を使う感覚を取り戻したため、二の腕がスッキリ!しました。

子育てでお忙しい中週1回のレッスンでも身体に残っている記憶で立ち方、歩き方がご自分で修整できたようです!

背骨の動きを整えることで、内臓の動きも整い体重が減ってきたそうです。
「疲れにくくなり、眠りも深くなった」と自律神経も整ってきました。

お仕事復帰して、子育てをするのは想像以上にハードなことです。

どんなに疲れてても休みたくても待ったなし!
子供は母親が大好きで次から次へと何かを要求してきます(笑)

まずは4月までに身体で不安なところを解消し、その後も定期的にケアしていけたら良いな〜と考えています。

目次